第40回日展(2008):作品紹介

関連する記事

3 レスポンス

  1. 髙橋佑理 より:

    今日、3日,Bunkamuraで個展拝見しました。とても 素晴らしくチョット、ショックをいただきました。私は東光会ですが今ポーズについて
    考えようとしている所です。とても 参考に思っております。参考にさせて頂くかも知れません。30号でH・Pは「絵とつれづれに」髙橋佑理WEB です。GAlleryですが70のブログ「絵描き日記」です。

    • kogaharaizumi より:

      髙橋佑理さま
      個展にお立ち寄りいただき、またコメントまでありがとうございました。
      私もポーズにはいろいろと思い悩みます。
      ポーズを検討する原点は、自分のテーマでもある「人間の内面から湧き出る欲・エネルギー」を表現するためには?です。
      その時々で自分の感情の波とともにその方向性は変わるのですが…
      高橋さまの作品もWebで拝見いたしました。
      なにか色彩のゆらぎを美しく感じる印象です、ありがとうございます。

  2. 髙橋佑理 より:

    コメント有難う御座いました。昨日は「師匠」の所で人物画、小さいのですが描いて来ました。作家それぞれの人物画があると思い参考にさせて頂き乍ら
    自分独特の「絵」が描ければと思います。70で小さいもので行く様ですが古河原さまのH・Pを時々見せて頂き 私に得られるものが頂けそうです。
    又、作品に出会う事楽しみにします。髙橋佑理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です